絵本の話2

画像

『きみなんか だいきらいさ』(ジャニス・メイ・ユードリー:ぶん モーリス・センダック:え こだまともこ:やく 冨山房)

「けんかするのはね、仲がいいからだよ」
って、よく言うし、ほんとにそうだと思う。
とくに、子どものときは、全くそうだ。

さっきまで楽しそうに遊んでいたかと思うと、ケンカにしてて、
かと思うと、いつのまにか、ケラケラ笑っている。

「○○ちゃんとは、もう絶対遊ばない!」って、すぐに言う。
でも、またすぐに遊ぶ。

そんな、子ども同士のケンカのことを描いた絵本。

そうそう、この感じ。
…って思う。

モーリス・センダックの絵がいい。
表情が、とっても丁寧に描かれている。
『かいじゅうたちのいるところ』を描いた人。

最近、子どものケンカに、大人が入りすぎていないかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

matuko
2011年01月12日 13:24
こんにちわ
絵本ありがとうございます。
まるで、私のためのような絵本です。
兄弟けんかをする子たちに、
いつもむきになっていますが
そんなモンなんですよね…☆
2011年01月13日 06:27
>matukoさん

子どもはその都度“真剣”ですものね。
そこに、大人も“真剣”に付き合おうと思うから、腹が立ったり、巻き込まれたり、振り回されたりするのかと…。

大人になると、なかなか子どものときのようにはいかなくて、なかなかケンカはできません。

子どもが、うらやましい。

この記事へのトラックバック